レンズ地獄番外編(ベスト判:127Film地獄)

vest127.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:Film( 7 )


2010年 08月 02日

Rollei Nightbird

この方のご尽力により、面白過ぎるフィルムをゲットできたのである。

ローライのナイトバードである。
ISO500~800とある。
127フィルムの世界では、高ISOのフィルムは貴重なのである。

夜の町をプリモで歩ける....よこしまな考えが脳裏をよぎったのである。
こりゃいいぞと、大量に買い込んでしまったのである。

現像してみて驚いた....
実効ISO160~200程度。ISO800で現像したので、長巻きで帰ってきたのである。

さあ、コヤツ等の処理、いかがしたモノであろうか....
無論120フィルムも大量にあるのである。

f0224950_21503534.jpg

[PR]

by vest_hell | 2010-08-02 21:51 | Film
2010年 05月 15日

Bluefire Murano 160

この方のご尽力により、面白いフィルムをゲットできたのである。
ベビー・ローライ対応型のスプールなのだが...
このフィルムをMACOCOLOR UCN200のスプールに巻くと、少々隙間ができるのである。
若干、光線かぶりするのであるが、まあ、ご愛敬であろう。

なお、本体のフィルムベースはコダック社のポートラ160NCかと推測されるのである。

このフィルムを出しているのはカナダの会社だが、日本になら127フィルムが売れると言う姿勢を見せたい。
何しろ127規格は絶滅危惧種である。

何度でも書くが、クラシックカメラ蒐集家は127フィルム使うカメラは実際に使っていただきたい。
写真を撮るつもりがないなら、市場に放出していただきたい。
f0224950_20472555.jpg


※読みが判らぬので、勝手に「ブルーファイヤー ムラーノ」とするのである。
[PR]

by vest_hell | 2010-05-15 20:47 | Film
2010年 05月 02日

フィルムに穴を開けられたのである。

ワルツ・オートマットはフィルム全部を使って撮影するようである。
(オイラの個体だけかも知れぬが...)

という事で、半駒早く撮影開始、最終駒は半駒後ろへずれる...
ひとコマ目に穴が...
オートマットなので、微調整が効かぬのである。


10枚撮りとして使うのか、修理屋に交渉するか...
考えどころではある。

f0224950_19530100.jpg



現像屋のメッセージ

お預かりしましたブローニーフィルムの現像では、
フィルムの両端をクリップで挟み現像処理をしています。
このためフィルムの両端には、クリップ痕が残ります。
通常、クリップ痕は、画像の無い両端に発生しカットされますが、
スタートマークセットミス、規定枚数以上の撮影、カメラの
送り不良等により、フィルムの先端、後端まで画像がある場合、
クリップ痕を含めて仕上がりとしておりますのでご了承ください。
[PR]

by vest_hell | 2010-05-02 19:53 | Film
2010年 04月 12日

フィルム現像

さあ、フィルムの入手方法はすでに記載した(すばらしいコメント付き)。

撮影後の現像をどうするか、強者は自家現像であろう。
それでは、ツマラヌのである。
コチラはプロではない。
単なる道楽者である。

ということで、カメラのキタムラで交渉してみた。
120フィルムと同じ料金とのこと。
キタムラがOKなら地方の方にも朗報であろう。

なぜキタムラか。
大株主にフジフィルムがいるのである。
キタムラの株式の10%弱を持っているのである。

日本国内から一斉にキタムラ経由で127フィルムの現像依頼が入ると....

チト、方向性が見えてきたような気がするのである。

どうでもいい話であるが、キタムラでは127のクロス現像も受けるそうである。
中一週間+120の追加料金。
道楽するならそれも良かろうと思う次第ではある。
[PR]

by vest_hell | 2010-04-12 22:38 | Film
2010年 04月 11日

カール取り

127の現像で一番問題になるのは、やはり巻き付けがきついせいか、カールが結構残るのである。
では、対策は??

考えてみた。
そうだ、アイロンだ!!





ということで....
[PR]

by vest_hell | 2010-04-11 19:10 | Film
2010年 03月 23日

127フィルムの入手

妙にかわいい127カメラを手にしたモノが最初に遭遇する難所がフィルムの入手であろう。
一応、現在入手できるフィルムを調べた範囲で記載しておくのである。
なお、巻き替えフィルムはここでは除外するのである。

1 カラーネガ
  マコカラー200 
  生産中断か中止? まだ、期限切れながら、クラシックカメラ取扱店やグレイスで取り扱っているようである。
  Bluefire Murano 160
  コレも入手難、カナダの会社が作っているようである。フィルム自体はコダック・ポートラらしい。

2 白黒ネガ
  エフケ100 
  一番スタンダードであろう。クロアチアの会社が作っているのである。グレイスでは品切れ模様。なお、個人ではあるが、個人輸入して頒布くださる方もおられるので、興味ある方は活用されることをお勧めしたいのである。

3 リバーサル
  ベビーローライやプリモJr.などのユーザーはリバーサルも使いたいであろう。
  既製品は絶滅しているのである。巻き替えものしかないのである。
[PR]

by vest_hell | 2010-03-23 22:22 | Film
2010年 03月 17日

MACOCOLOR UCN200

次はカラーに挑戦である。
MACOCOLOR UCN200である。
ドイツ製である。

噂ではこのフィルム、絶滅したと言われているのである。
未だ真偽のほどは不明であるが....
巻き替え(後述)はまだしたくないのである。
一本でも多く現存フィルムを消費し、メーカーに生産を維持して貰いたいのである。

なお、クラシックカメラ蒐集家は127フィルム使うカメラは実際に使っていただきたい。
写真を撮るつもりがないなら、市場に放出していただきたい。

f0224950_23122569.jpg

[PR]

by vest_hell | 2010-03-17 23:12 | Film