レンズ地獄番外編(ベスト判:127Film地獄)

vest127.exblog.jp
ブログトップ
2010年 03月 10日

なぜ番外編にしたか

ベスト判(4×4,4×3,4×6.5)も中判のカテゴリであろう。
しかし、ここに登場する写真機はレンズ交換式ではないのである。
つまり本体地獄なのである。
故に、番外編にしたのである。
[PR]

# by vest_hell | 2010-03-10 22:16 | よもやまばなし
2010年 03月 10日

はじめに

35mmなら135
ブローニーなら120または220

コダックのつけたフィルムの形式番号である。

その中で127という番号を持ったロールフィルムがある。
多くの人は見たことが無いかも知れない(アイコンのフィルムである)。
ベスト判とも呼ばれているのである。

昭和初期から昭和30年代にかけての写真(主に記念撮影)で3cm×4cmほどの、妙に緻密な写真を見たことはあるかも知れない。
恐らく127フィルムを使った撮影であろう。

平成の世でもフィルム生産が首の皮一枚残っているのである。
しかしながら、その写真機はドイツもコイツも小さくてかわいいのである。
コヤツらを実際に表に連れ出して127規格の復興を願う今日この頃ではある。
[PR]

# by vest_hell | 2010-03-10 22:11 | よもやまばなし